中年太りのメカニズムについて。

40歳前後に、運動量や食事の内容が特に変わったわけではないのに、体重が増えてきたりお腹まわりに贅肉が付いてくるのが中年太りです。中年太りになるのには理由があるので、そのメカニズムを知っておくと肥満対策もとりやすいです。
40歳前後の中年期に入ると、呼吸をしたり、体温を保持したり、心臓を動かしたりする生きる為に最低限必要なエネルギーである基礎代謝が次第に落ちてきます。そうなると普段と変わらない食事をしていても、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ることになり、摂り過ぎた余分なエネルギーが脂肪になってしまいます。
筋肉が多ければ加齢による基礎代謝の低下を補い脂肪を燃やすことができるのですが、筋肉の量も40代を境に50代、60代でがくんと量を減らすので、年齢とともに太る人が増えてくるのです。ですので若い頃と同じように食べたり飲んだりしていると太ってしまいます。
中年太りは見た目が良くないだけではなく、生活習慣病の原因になるので、中年太りの解消のために筋肉の量を増やし脂肪を減らす有酸素運動をしたり、バランスの良い食生活を心がけるようにすると良いでしょう。

中年太りダイエット