太ももやせに効果的な運動

太ももやせには色々な方法がありますが、太ももが太くなってしまう原因は水分や老廃物が溜まりやすい部分でもあるためむくみが生じやすかったり、脂肪がつきやすいためです。太ももやせを効果的に行うためには、その原因となるむくみを改善する運動を行うことがおすすめです。

どのような運動がいいのかというと、踏み台昇降です。これは自宅でもできるので、太ももの筋肉を効率的に鍛えることができます。

適当な台などがないと言う場合には階段を使っても良いですし、もし台がなければ壁と並行にまっすぐに立ち、壁に片手をつきます。片足の桃を床と並行になるようにゆっくりと持ち上げて5秒静止し一旦足を戻して膝から後ろに曲げ、つま先を持って10秒静止します。

この時太ももの表側の筋肉の動きを意識しましょう。反対側の足も同じように行い5回を1セットにして1日5セットを目安に行いましょう。毎日継続して行うようにすることで太ももやせの効果が実感できるようになります。

太ももやせ

ジムで痩せる事で二の腕をホッソリ

近年、美容に関心を持つ人が増えています。理想のボディーを手に入れるために、様々な商品が販売されています。美容家電や、サプリメント、運動器具など、多くのものが登場しています。

それと共に、ジムに通い、定期的に運動することで痩せやすい体質を作りダイエットを成功させる人が多くいます。ジムには、様々な運動器具が拾っています。

その中で、二の腕を引き締める効果のある物を取り入れ、運動のプログラムを作ることができます。夏になると、腕を出す服装が多くなり、二の腕の太さが気になってきます。そのため、夏に向けて、ジムで引き締めることでスッキリした二の腕を手に入れることができます。

痩せるためには、定期的な運動とともに、充分な休養と、バランスの良い食生活が大切です。過度なダイエットで体を壊さないようにしなくてはなりません。必要なエネルギーや栄養素を守りつつ、体作りを行うことが健康的な体型を作ると同時に、それを維持する事に繋がります。

二の腕ダイエット

ぽっこりお腹は無理のない腹筋で解消しよう!

つい脂っこい物やスイーツを摂り過ぎてしまうと、ぽっこりお腹になってしまいます。運動が十分に足りて、消費カロリーを上回ると良いのですが、なかなかそうはいかないものです。そんな時には自分に合った簡単な腹筋をすると、徐々にですが、醜く膨らんだぽっこりお腹がへこんでいきます。腹筋の仕方も色々あります。

体力にあまり自信がなく、運動からしばらく遠ざかっていた人には、仰向けに寝転んで両手を頭の後ろで組み、両足を揃えて上から床すれすれにハーと息を吐くと同時に振り下ろすと比較的楽にできます。回数はへとへとになるまでではなく、最初は余力の残る程度で、慣れてくるほどに増やしていくのがベストです。

もう少し腹筋力のある人は、脚は固定で頭の方を同じく息を吐くと同時に起き上がるとかなり効きますが、後ろ手を組むのが困難な場合は、両手は下ろしたままでも結構です。いずれにしても、毎日持続するのが大事ですので、くれぐれもマイペースで行ってください。ぽっこりお腹を克服できて、お気に入りのジーンズで出かけて行く姿を想像すると一層効果的かもしれません。

ぽっこりお腹

インナーマッスルを鍛えてヒップアップを目指そう

垂れ下がったヒップは年齢を感じさせるばかりでなく、だらしない印象まで与えてしまうことがあります。
また、外見が悪い以外にも、着用できる洋服が限られてオシャレを楽しめなくもなってしまいます。
これはヒップの筋肉が衰えて、お尻の脂肪を支えきれなくなるのが原因です。
加齢によって筋肉が弱ってくるのに加え、普段からあまり動かない生活を送っていると、さらにその垂れ下がりを加速させることになります。

こういう状態を改善させるには、意識してヒップを動かすことが大切です。
適当に動かすのではなく、インナーマッスルを鍛えられる運動を取り入れていくのです。
道具を使わなくてもできる方法はたくさんありますので、お金をかけることなくヒップアップを目指すことができます。 “インナーマッスルを鍛えてヒップアップを目指そう” の続きを読む

キュートなヒップになれる小尻ストレッチ

自分の後姿はなかなか自分でチェックするのは難しいけれど、実は他人からは元も目につく部分なのです。正面からは完ぺきに見えても、後姿が実はたるんだヒップでがっかり・・・そんなことにならないためにも、スッキリと引き締まった形の良いヒップはとても大切です。

例えばパンツスタイルでも、前から自分で鏡で見たら完璧に見えたのに、後姿はヒップのラインに段ができていたという経験をしたことのある人は少なくありません。ヒップに自信がないと、体のラインを隠す服装ばかりをするようになり、余計にヒップを甘やかし、もったりとした重たいイメージのボディラインになってしまいます。

“キュートなヒップになれる小尻ストレッチ” の続きを読む

楽にお尻痩せする方法

お尻痩せには昔からガードルが一般的です。お腹の引き締め効果と骨盤の周りの引き締め効果、骨盤のズレに効果があります。ガードルにも一般的なガードル、骨盤矯正のガードル、ヒップアップ効果のあるガードルと種類があります。

お尻太りは骨盤のズレが主な原因と考えられます。骨盤のズレを治せばいいので骨盤矯正ガードルがおすすめです。ネットでも話題になっているナイトショーツ。楽にお尻痩せがしたいならナイトショーツがおすすめ。磯山さやかプロデュースした第三段がお尻痩せナイトショーツです。 “楽にお尻痩せする方法” の続きを読む

二の腕ダイエットはなぜ成功しづらいのか?

ダイエットを頑張って、体重や体脂肪を落とす事に成功をしても、二の腕は太いままという経験をした事がある人は少なくないでしょう。
二の腕を細くしたいと考えるのあれば、腕が太くなりやすい原因を把握しておく事が大切です。
腕が太くなる原因は、むくみと筋肉量の少なさです。
むくみといえば、足をイメージする人も多いでしょう。
ですが、腕も意外とむくみやすい部位のひとつで、長時間同じ姿勢を取り続けないようにする、リンパマッサージを行うようにする等が有効です。
そして、もう一つ意識しておいて損がないのが筋肉量です。
脂肪を効率的に燃焼する為には、しっかりとした筋肉量が必要となってきます。
有酸素運動をすれば脂肪は自然に燃焼すると考えて、ただウォーキング等をするだけでは、二の腕のダイエットは失敗してしまう事になります。
脂肪燃焼を心がける前に、脂肪を効率よく燃焼させる為に必要な筋肉をしっかりとつけていく事が大切です。
そして、その状態で、有酸素運動等、脂肪を燃焼させる運動を心がける事で、引き締まった腕を作っていく事が出来るようになります。
二の腕のダイエットを成功させたいと考える場合は、太くなりやすい原因を把握しておく事が大切です。

二の腕痩せ

脂肪を落として筋肉をつけるときにおすすめの食事

脂肪を落として筋肉をつけるためには日ごろの食事管理が非常に重要になってきます。
まず何よりも大切なのが、筋肉の材料であるたんぱく質をしっかりと確保することです。鳥の胸肉やささみ、魚、乳製品などの動物性たんぱく質や、豆腐や納豆などの大豆類に代表される植物性たんぱく質をバランスよくとるように心がけましょう。多忙などが原因で食事から十分摂取するのが難しいときには、プロテインの使用もおすすめです。トレーニングの前後でホエイプロテインをとると、筋合成が盛んになることが研究でわかっています。
体脂肪を落としたいなら、おすすめなのが脂質の制限です。特に夜の食事はその後活動量が減ってしまうために体脂肪として蓄えられる確率が高くなります。ラーメンなど脂っこいものが食べたいときは、せめて昼までに食べるようにするとよいです。
同じような理由で、夜の炭水化物を控えめにするのもおすすめです。さらに血糖値をあげづらい、玄米やオートミールなど低GIの炭水化物を取り入れるのがよいでしょう。ただし強度の高い筋力トレーニングをした直後は、インスリンの分泌を促し、たんぱく質を効率的に筋肉に送り込むためにも白米や砂糖などの高GIの食品が有用です。

足を細くする方法

 

ダイエットを上手に成功させるために必要なアイテムとは?

女性はいくつになっても綺麗でいたいものです。

その綺麗の一つに、痩せている、ということが挙げられます。若い時は何もしなくても痩せていたのに子供を産んでから産後太りが戻らない、若い時と同じぐらいの量を食べるとぶくぶく太ってきた、などよく耳にします。若い時と違い、歳を重ねると新陳代謝が落ちます。新陳代謝とは寝ているときや何もしていなくても消費してくれるカロリーのことです。ですから当然若い時と同じ量を食べていると自然に太ってきます。

若い時以上に体を動かさなくてはいけないのです。では、運動は苦手!という方はどうしたらよいのでしょう。そういう方がダイエットを上手に成功させるための必要なアイテムの一つに、手動のマッサージローラーがあります。誰でも手軽にできます。セルライトのついた気になる足やお腹まわりをローラーでコロコロするだけです。

はじめは少し痛いかもしれませんがそれは老廃物が溜まっている証拠です。毎日続けるとだんだん気持ちよくなってくるのでそうなると老廃物が流れているということです。

足に関しては痩せるだけでなくむくみも改善されて足が軽くなるので一石二鳥です。ダイエットを成功させるには毎日続けることが大事です。

下半身痩せサプリ

芸能人がやっているふくらはぎ痩せ法について解説します。

全身のダイエットよりも部分痩せの方が難しいと言われています。特に下半身のみやふくらはぎ痩せ法は多くの人が苦労しているのか、たくさんの種類が出回っています。
芸能人が実際に行っていたということでふくらはぎ痩せに効きそうな方法があります。マッサージなのですが、むくみの酷い時に行いたいところです。
やり方はとても簡単で、まずは足の指を一本ずつ開いて、折るようにして足裏をマッサージします。そして、手の指を足の指にからませて足首を回し、足の甲をほぐしていきます。次に、ふくらはぎを下から上へとマッサージし、膝の裏にあるリンパの流れに深く影響している部分を押します。これだけで完了ですが、マッサージを終えると血流やリンパ液の流れが良くなります。
下半身やふくらはぎが太くなる場合、多くのケースではむくみが関係していますので、むくみを取り除くことのできるマッサージはとても有効です。マッサージで一時的にむくみを取り除くことが第一目標であり、長く続けて老廃物が溜まらないようにすることでスリムにすることが次の目標です。日々マッサージを行ってその日の状態を観察しておくと、ちょっとした変化にも気付くようになるのもメリットです。

ふくらはぎ細く